Sharla in Fukushima !人気YouTuber只見線の旅(2日目)

只見線の旅、後編です!
まだ前編を読んでいない人は、こちらを先にお読み下さい。

只見線第一橋梁を撮る!

2日目の朝、旅館を出て、山あいの鉄橋を通る只見線を撮影しに行きます。
只見線は1日6本しか通らない超ローカル線、鉄橋を通るほんの1瞬を逃すと、
次の電車まで数時間待つことになります。

そこで、協力をお願いしたのが
只見線のことならこの人抜きでは語れない、只見線写真家の星賢孝さん。

初日の飲み鉄のときにもお世話になりました
初日の飲み鉄のときにもお世話になりました
只見線第一橋梁はいくつかのビューポイントがあるんですが、
今回案内して下さったのは最も近くから撮れる穴場スポット。
看板もなにもない林のなかを抜けていく秘密の場所です。
新緑、紅葉、雪景色と季節によって様々な顔を見せます
新緑、紅葉、雪景色と季節によって様々な顔を見せます
星さんの撮影した冬の第一橋梁の写真
星さんの撮影した冬の第一橋梁の写真
シャーラさんの撮った只見線は動画をお楽しみに!
シャーラさんの撮った只見線は動画をお楽しみに!
無事撮影完了!スギ花粉が襲ってくる前に退散しましょう(笑)
星さん、ありがとうございました!

会津柳津町を観光・あわまんじゅう

只見線を撮った後は、その足で会津柳津へ向かいます。
まず向かったのは、会津柳津の名物、あわまんじゅうのお店 小池菓子舗さん。
穀物の「アワ」を使ったおまんじゅうで、柳津町では色々なお店で食べることができます。
おまんじゅうが好きなシャーラさん、心なしかテンションが上がっています。

柳津名物あわまんじゅう、災厄に「あわ」ない願いが込められています
柳津名物あわまんじゅう、災厄に「あわ」ない願いが込められています
蒸したてのあわまんじゅうが店頭に並び、行列ができるほど人気でした。
期間限定の桜あわまんじゅうも含め、とても気に入ってくれたシャーラさん。
しっかりお土産を買って、次の目的地に向かいます。

会津柳津町を観光・微細彫刻

次の目的地は「柳津微細彫刻 富山工房(ふざんこうぼう)」さん。
400年の歴史がある、超ミニチュア仏像を彫る職人さんの工房です。
小池菓子舗さんからすぐ近くなので徒歩で移動。

小さな工房で、神業的な職人技術を見られます。
小さな工房で、神業的な職人技術を見られます。
シャーラさんも感動していましたが、そのすごさは説明不要。いくつかの作品をご覧ください。
爪の先ほどの大黒様
爪の先ほどの大黒様
くるみの殻に入る七福神像
くるみの殻に入る七福神像
右は稲籾の中に仏像、左はなんと2mmのゴマ粒に入る大黒さま
右は稲籾の中に仏像、左はなんと2mmのゴマ粒に入る大黒さま
仏像微細彫刻師の金坂富山さん
仏像微細彫刻師の金坂富山さん

会津柳津町を観光・赤べこ絵付け

彫刻作品を見たシャーラさんに、クリエイティブな体験をして頂きました!
道の駅会津柳津 清柳苑で会津地方の郷土玩具、赤べこの絵付け体験をしてもらいます。

マスコットの「あいちゃん」と。これから絵付け体験です!
マスコットの「あいちゃん」と。これから絵付け体験です!
「せっかくなのでオリジナル赤べこを作って下さい!」というお願いに対し、
ネコ好きなシャーラさんは「招き猫風赤べこ」に決定。
赤べこと同じ縁起物をモチーフにするセンスに、日本慣れを感じます(笑)
真剣に絵付けをするシャーラさん
真剣に絵付けをするシャーラさん
完成! 作品名「招きべこ」
完成! 作品名「招きべこ」

会津柳津町を観光・柳津ソースカツ丼

午前中に色々なところをまわって、気付けばお昼。
好きな日本食のひとつにカツ丼を挙げるシャーラさんに、柳津ソースカツ丼を食べてもらいました!
訪れたのは昭和32年創業の老舗「すゞや食堂」さん。

カツの下に玉子焼きを敷くのが柳津流
カツの下に玉子焼きを敷くのが柳津流
会津若松でもソースカツ丼がご当地グルメに数えられますが、
ここ会津柳津は玉子焼きが乗るのが特徴で、ソースの味にもそれぞれ個性があります。
すごくいいリアクション!
すごくいいリアクション!
ボリューム満点のソースカツ丼を、キレイに完食。
ごちそうさまでした(^^)
「せっかくこんな美人さんが来てくれたから」と記念撮影!
「せっかくこんな美人さんが来てくれたから」と記念撮影!
親切に対応してくださったおかみさん、ご主人、ありがとうございました!

まとめ

2日間動きっぱなしの忙しい日程でしたが、
シャーラさんはいつでも楽しそうな笑顔で、私もすっかりファンになりました!
ぜひまた、福島へお越しください(^o^)

シャーラさんの動画が公開されましたら、追ってご紹介いたします。
お楽しみに!
<今回の旅程>

広告

Sharla in Fukushima !人気YouTuber只見線の旅(2日目)」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。