しゅっぱーつ進行ー !会津鉄道で運転士になってみました!

寒い日が続いて、休日はもっぱらコタツムリです。O田です。

突然ですが!誰しも一度は聞いたことがあるであろう、このアナウンス…

「次は~福島〜福島で〜ございます。
本日は傘のお忘れ物が大変多くなっております!お忘れ物のないように…」

鉄道の運転士さんです!
制服をビシっと着て、凛々しくてかっこいい運転士さんです!!
男女問わず幼い頃に憧れたことがある方も多いのでは??

あのあこがれの運転士さんにっ…

なっちゃいました。照

シャキーン!
シャキーン!

実は、鉄道の運転体験が福島県南会津でできちゃうんです♪
それが、会津鉄道株式会社さんが開催している列車でGO! 運転体験ができる! ハッピートレイン

春〜秋に定期開催する人気の体験イベント 画像は2015年度のもの
春〜秋に定期開催する人気の体験イベント 画像は2015年度のもの

事前予約が必要で、冬季は基本行っていないとのことですが、
今回は現在制作中の動画「福島でしたい15のこと(仮)」の撮影のため、
会津鉄道株式会社さんのご厚意で、特別に体験させていただけました!
(会津鉄道さん、ありがとうございました!)

会津鉄道会津線について

会津鉄道会津線は、相互乗り入れで喜多方・会津若松~浅草・新宿を4時間弱で結ぶローカル線です。
ネコ駅長の「らぶ」お座トロ展望列車など、ローカル線ならではののんびりとした魅力を活かした
楽しい取り組みを数々行っているため、この運転体験もすごく期待しています!

いざ体験!

訪れたのは、会津鉄道会津線の会津田島駅

とってもいい天気でした
とってもいい天気でした
雪山の美しさに癒やされます。
雪山の美しさに癒やされます。

今回運転する車両は「AT-652」、愛称「AIZUマウントエクスプレス号」と言うそうです。
そんなに鉄道に詳しくないO田は、単純にかわいらしい形だなぁと思いました!

なお、体験する線路の距離は、およそホームの端から端までくらい。

ゴールから撮った写真 右奥の車両があるのがスタート地点です
ゴールから撮った写真 右奥の車両があるのがスタート地点です

なんでも体験のための専用の線路だというから、念の入りかたがすごいです。
それでは早速、車両に乗り込みいよいよ運転席に…
っとその前に、帽子と制服のジャケットをお借りました。

せっかくの体験なので、カタチから入りましょう
せっかくの体験なので、カタチから入りましょう

もう、ものすごくテンションが上りました笑
ニヤニヤが止まらない状態です。
制服を着ると身が引き締まりますね!

まずは、ベテラン運転士である渡部さんによる講習から。

O田、しまりのない顔をしていますが、本人は真剣です。
O田、しまりのない顔をしていますが、本人は真剣です。
クルマで言うとブレーキとアクセルにあたる部分の使い方を中心に、
そのほかそれぞれのボタンの役割などについてお聞きしました。
足元には汽笛のペダルが!! これも、踏んでいいんですか!?

運転席はすっきりとしたつくりで、ぱっと見てわかりやすい印象を受けました。
他の車両とくらべると、よりオートメーション化されたものということでした。

基本はアクセルとブレーキのレバー操作 当然、ハンドルはありません
基本はアクセルとブレーキのレバー操作 当然、ハンドルはありません

そして渡部さんによるお手本を見せてもらい…

しゅっぱーつ!進行!
しゅっぱーつ!進行!

電車のキーを受け取って、いよいよ運転開始です!

①まずは前の青信号を確認!「ポォーッ」と汽笛を鳴らして、出発の合図です。

②アクセルレバーで、時速15キロまで加速します
   レバーが思ってたより軽くて、すぐにスピードが出ます。
   時速15キロでも体感速度はだいぶ早く感じました。

③停止位置目標でぴったり止まれるように、アクセルとブレーキで調整して停止
   停止位置目標とは、この赤枠のひし形のこと。

スクリーンショット 2016-01-22 15.25.16

   駅のホームから見たことありますね。
   これを車体の先頭にぴったり合わせるように止まれると成功です。

この停止位置目標にタイミングをあわせてぴったり止まるのが難しいっ!!
慣れない運転で加速減速をくりかえし、もしお客さんがいたら酔うこと必至です…

行き過ぎないよう、直前で微調整を繰り返します
行き過ぎないよう、直前で微調整を繰り返します

これを数往復行います。

ゴールまで行くと先頭が逆になるので、戻るには車両のおしり側の運転席に移ります。(エンド交換)
運転席後ろのレバーで前後を切り替えて、移動しましょう。

バックはできないので、逆側の運転席に移動します
バックはできないので、逆側の運転席に移動します

昨年クルマの免許をとったばかりで運転に自信のないO田。
何回かやるうちにうまくはなってきましたが、
手から汗が、それはもう滝のように出るほど緊張しました…
もしお客さんを乗せていたらと考えると、運転士さんへの尊敬の念が堪えません。

運転、ぶじ終了!

停止位置目標を大幅にオーバーすることもなく、
(ほんの少しはオーバーしてしまいました汗。ほんの少しです泣。)
これにて無事に、鉄道運転任務は終了です!

いやぁ、童心に帰って思い切り楽しんじゃいました^^
運転士さんしか見られない運転席からの風景を見られたこと(鉄道好きのお子さんの憧れですね!)、
そしてクルマとまったく違う運転席で2本のレバーやボタンを操作していると
まるで巨大ロボットを操縦しているような気分でもありました!

これまで、お子さんからお年寄りまで様々な方が体験に参加しており、
ポイント会員制度があるくらい、リピーターの方もいらっしゃるそうですよ。
渡部さんが言うには、これまでで一番小さな運転士さんで、3歳(もちろん運転できないので、ご
両親が)ということでしたので、誰でも体験できるのが嬉しいですね!

運転体験、ほかにもいろいろ

「列車でGO! 運転体験ができる! ハッピートレイン」のプログラムは
これだけじゃありません。
今回は取材のため特殊なコースでしたが、通常の体験コースでは他にも色々あるみたいです。
簡単にですが、ご紹介します。

※実際の体験は写真と異なる場合があります

・車掌さんを体験

スクリーンショット 2016-01-25 17.05.48

ドアの開閉、発車合図、そしてもちろん車内アナウンスも!
「次は〜次は〜」

・車両基地見学

ガレージ感が素敵な車両基地
ガレージ感が素敵な車両基地
車両基地にあった車体と台車の結合部分を見せていただきました。
なんと電車の車体は、2つの台車(車軸)の上に乗っているだけ!(ボギー車)
台車の真ん中に穴があいていて、車体の下の出っ張った部分と合わさって固定しているそうです。
台車部分
台車部分
こんなふうに組み合わさっていたなんて!ばらばらの状態を見て驚きました!

そしてそして、特製弁当が振る舞われたり、体験運転証明書をいただけたりと
至れり尽くせり盛りだくさんな内容となっています!

今年度も開催予定ということですので、詳細については会津鉄道株式会社よりご確認くださいっ

他にも、会津鉄道さんは駅員さん体験、そして驚きのまくら木の交換作業体験(線路の保全体験)なども行っているということです。
まさか、まくら木の交換までもをイベントにしてしまうとは、恐るべしです。
自分が交換した枕木の上を列車が走る!想像しただけでわくわくしませんか??

枕木をこの手で…
枕木をこの手で…

まとめ

たくさんの乗客をのせての定刻通りの運転、台風や大雪など天候への対応などなど…
電車通勤中のO田ですが、改めて運転士さんはじめ車掌さん、車両点検を行うスタッフの方々などへの
感謝の気持ちを大切にしようと思いました。
本当にいつも安全運転ありがとうございます!

そんな鉄道運行の裏側を、ぜひご自身で体験してみてはいかがでしょうか??
なかなかほかにはない、貴重な体験です!
憧れの運転士さんになれちゃうチャンスですよー!!

列車でGO! 運転体験ができる! ハッピートレイン《要予約》
◇開催場所
 会津田島駅構内
 福島県南会津郡南会津町田島字西番場甲358-3

◇体験内容
 ・専門的な特別講習(運転講座、車両講座)を受講いただき、会津鉄道会津田島駅構内で車両を運転します。
 ・運転士として2往復、車掌として2往復
 ・車両基地見学
 ☆会津鉄道オリジナルグッズ販売

◇お問い合わせ
 会津鉄道株式会社
 TEL 0242-28-5886

※上記内容から変更となる場合もございます。
詳細については、会津鉄道公式HPをご確認ください。
http://www.aizutetsudo.jp

広告

しゅっぱーつ進行ー !会津鉄道で運転士になってみました!」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。