まだ炭酸水買ってるの?奥会津なら井戸から汲めますよ

どうも。ふくしま動画部 撮影スタッフのYujiです。

みなさん、炭酸水は好きですか? お酒を割る時に使うアレです。

わたしは小さいころニガテでしたが、最近好きになってきました。
というのも昔は「炭酸水=海外メーカー=硬水」というケースが多かったからだと思います。
いまはコンビニにいろんな銘柄が並んでいて、国産の飲みやすい炭酸水も増えたような印象です。

ただ、家にあったら飲むくらいで、わざわざ買ってまで飲むほど好きではないです。
たとえば近所に炭酸水がわく井戸でもあれば、毎日飲むんですけどねー

スクリーンショット 2015-12-18 18.27.41

ありました。

こんなに堂々とした「炭酸水」の文字は見たことがありません
こんなに堂々とした「炭酸水」の文字は見たことがありません

こちらは福島県大沼郡金山町の天然炭酸水が湧き出る井戸 通称「炭酸場」。

まず、天然炭酸水ってあまり聞き慣れませんよね。
googleで天然炭酸水を検索したら、ここが真っ先に出てきました。
そんな貴重な天然炭酸水がわきでるこの井戸ですが、一般開放されていて自由に汲むことができます。
(※ただし、地元の資源ですので大量の持ち帰りは禁止・飲用は自己責任でお願いします)

あふれんばかりにわき出ています
あふれんばかりにわき出ています

静かな山のふもと。炭酸のわくポコポコ音だけがあたりに響き、なんとも心地よいです。

そして、汲んでみると濁りナシの無色透明。
さっそく、持参したペットボトルに入れてみました。

※撮影技術のせいで分かりづらいですが、正真正銘、無色透明です
※撮影技術のせいで分かりづらいですが、正真正銘、無色透明です
なお時期によって水量がちがい、少ない時には鉄分の濁りが出ることもあります。
以前行ったときはペットボトル底に湯の花のようなものが少し沈殿していました。まあ、全部飲みましたけど。

この天然炭酸水、井戸水なので、もちろんキンキンに冷えています。
そして、肝心の味と炭酸具合についてですが。。。

めちゃくちゃ飲みやすいです!味にこれといった癖がなく、CCレモンくらいの微炭酸。
これを売り物として出されても「あれ?ちょっと炭酸が弱めかな?」という感想を持つくらいです。

それもそのはず、となりの工場でこの炭酸水を売り物としてボトリングしているくらいですから。

奥会津金山「天然炭酸の水」を販売している会社の工場
奥会津金山「天然炭酸の水」を販売している会社の工場
こちらはホームページがオシャレな、株式会社ハーベスさん。

施設内に「天然炭酸の水 ミニ歴史館」スペースがあり、観光客も自由に入ることができます。

IMG_9439

新しめの施設で、工場のライブビューが見られる
新しめの施設で、工場のライブビューが見られる

ものは試しにと中を見ていたら、たまたま工場長さんがいらっしゃいました。

「井戸水の状態で商品レベルなんだから、ぶっちゃけ詰めるだけの商売じゃないの?」というわたしの内心を見ぬいてか、ハーベスさんで作っている「奥会津金山 天然炭酸の水」を出してくださったので、ありがたく頂くことに。

まさにこれです(ビンの写真を撮りそこねました。。。)
まさにこれです(ビンの写真を撮りそこねました。。。)
あ・・・
うまい!

炭酸具合が全然ちがうんですね。
地下深くの原泉から特殊ポンプで汲み上げているそうで、井戸のものより炭酸がやや強いです。泡が細かくてシュワシュワ感が心地よい感じ。
また、当然ですが衛生管理が行き届いているため、確実に安全です。
ただ詰めているだけとか思ってすみませんでした。

なお、あくまで工場なのでこちらでは販売はしていませんのであしからず。

そして工場長のお話、続いてはこの天然炭酸水の歴史についてです。
この炭酸水は、古くから地元では薬泉として知られており、明治8年(1875年)には既に白磁のビンに詰めて販売されていました。コカコーラがアメリカで発売されたのが1894年、三ツ矢サイダーが発売されたのが1905年なので、それより古いんですね。

明治8年に販売されていた炭酸水の現物
明治8年に販売されていた炭酸水
当時は「芸者印タンサン・ミネラル・ウォーター」という名でドイツやイギリスに輸出され、銀座に直営店を設ける、上流階級御用達の水だったそうです。

そんな由緒正しい水を汲んで飲めるなんて、あー奥会津の人たちは幸せだなぁ。

大自然と雄大な只見川。奥会津恐るべし
大自然と雄大な只見川。奥会津恐るべし

まとめ

くやしいので、500mlペットボトルにギチギチに詰めて持ち帰りました。翌日くらいまでなら炭酸が抜けることはないので、お土産にいいかもしれませんね。
ただし、くれぐれも
・保健所で検査された水ではないので、ご飲用は自己責任で
・汲みすぎ注意、500mlペットボトル程度にしておきましょう ね?

奥会津金山町天然水
◇アクセス
福島県大沼郡金山町大字大塩字上ノ山5298-3
◇営業時間
なし
◇お問い合わせ先
金山町産業課
TEL : (0241)54-5327
◇ホームページ
http://www.tif.ne.jp/jp/spot/spot_disp.php?id=6199

広告

まだ炭酸水買ってるの?奥会津なら井戸から汲めますよ」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。